加齢臭を発するメカニズムに、男性・女性による違いはありません

体臭と呼ばれるものの1つに、「加齢臭」というものがあるのはご存知だと思います。以前からのイメージからすると「オジサン臭い・オバサン臭い」といった類のものなのだと思います。

 

加齢臭とはその名の通り、年齢を重ねることに起因して出てくる臭いのことで、その臭いを例えると人それぞれ感じ方は異なりますが、古本のような臭いや、油臭い臭いなどと表現されることが多いようです。何れにせよ、心地良い臭いでないことは間違いありません。

 

現在は広く周知された加齢臭という言葉は、化粧品会社である資生堂の研究によって、加齢臭の元であるノネナールという物質が発見されたことがきっかけとなり生まれたものです。

 

少々難しい説明かもしれませんが、人の皮膚にある無数の毛穴の皮脂腺から分泌される皮脂によって、人の肌や髪・頭皮は潤いを保つような仕組みになっているのですが、この必要な皮脂の中にある9-ヘキサデセン酸が酸化・分解されることによって加齢臭の元となるノネナールという臭い物質へと変化してしまうのです。

 

若い頃には無かった臭い加齢臭の分岐点になるのが、40歳前後ということです。30代の頃の体は、活性酸素が発生してもそれを抑える力があるのですが、40歳を過ぎた頃から低下していき、活性酸素の増大へと繋がっていきます。活性酸素が増えることで、先の9-ヘキサデセン酸の酸化・分解が進む為に、加齢臭の元であるノネナールの発生を進めてしまうのです。

 

加齢臭を漂わせているのはオジサンの方が多いと感じている方は多いと思いますし、実際には「その通り」だと思います。確かに女性にも加齢臭はあるのですが、何故加齢臭はオジサン臭いものと連想されるように、男性の中高年の臭いとしてイメージされてしまうのでしょうか。

 

加齢臭を発するメカニズムに、男性・女性による違いはありません。あるとすれば、分泌される皮脂量の違いであり、男性は女性の実に3倍もの皮脂を分泌していると言われています。女性の場合、女性ホルモンによって皮脂の分泌が抑えられているので、同年代に於ける加齢臭の発生は少ないとされています。

 

加齢臭は、1年を通して臭いを感じてしまうものです。しかし、季節によって臭いのキツさに差があるのをご存じですしょうか。汗の量が多い夏にこそ加齢臭はキツくなるとイメージされる方も少なくないと思いますが、それは汗臭さが主な体臭であり、加齢臭は少々異なるのです。意外と思われる方も多いと思いますが、加齢臭がキツくなるのは、寒い冬の時期なのです。
汗とは異なり、皮脂の量は年間を通して然程季節に左右されません。1年を通して概ね同じ量が分泌されていると考えられます。

 

寒くなっていくにつれ、逆に増えていくのが服の量。寒くなるほど、セーターやコートなど重ね着して寒さから身を守るようになります。その結果、体から出た加齢臭が衣類に篭ってしまい、増々キツくなって感じられるようになるのです。

 

冬季シーズン着ていたコートの臭いを、クリーニングに出す前にチョッと確認してみたらお分かりになると思います。「エッ!」とお思いになると思います。